大阪城に恋するホテル、KKRホテル大阪

ご予約・お問い合わせ 06-6941-1122

2016年6月 アーカイブ

梅雨がつづきますね!

(2016年06月29日)

6月といえば!

梅雨です!

ajisai013.png


じめじめとした日が続きますが・・・・

 

そんな中シャトーでは来月からドリンクの種類が増えます!

 

日本酒の種類が増え、カクテルも7月の誕生石ルビーに変わります!

 

日本酒は田中料理長の出身地 池田の「呉春 特吟」

料理長のおススメです!(>∀<)

 

 

写真①.JPG

 

その他にも「大吟醸 特製ゴールド 賀茂鶴 丸瓶 180ml」 

桃の滴 純米吟醸300ml」をボトルで販売いたします!


写真②.JPG 

 

利き酒もできますので日本酒が好きなお客様は是非とも

この機会にシャトーにお越し下さい!

改装シャトー.jpg

 

スタッフ一同お待ちいたしておます!

 

                  レストランスタッフより

梅雨の季節がやってきました!

(2016年06月15日)

こんにちは。

いつもKKRホテル大阪のブログを

ご覧頂き有難うございます。 

 

6月に入りましたが、日中と夜の寒暖差がある日が続いて

洋服選びに迷う毎日ですね。

 

タイトルにもなっていますがついに

64日近畿地方も梅雨入りしました

紫陽花が綺麗に咲く季節になりましたね。

外に出るのが遠ざかりがちになりますが季節を

目で感じるのもいいかもしれないですね。

2あじさい.jpg

3あじさい.jpg


DPP_0010BLOG.jpg DPP_0047BLOG.jpg

 

613日からビアガーデンがオープン

しました。是非お越し下さいませ。

    宴会サービス課 スタッフ



皐月の晩餐会 開催されました

(2016年06月02日)

こんにちは。販売課 イベント係です。

 

先日、524日(火)に大好評のイベント晩餐会が開催されまして、大盛況のうちに終了いたしました。

今回は、和食料理長 泉の渾身の特選メニューをご紹介したいと思います。

 

Re_hassun.jpg


まずは旬彩八寸。

八寸とは小さな一口サイズの和食料理の盛り合わせで、旬の食材を彩りよく配した、見た目にも鮮やかな一皿です。

この一皿で料理長のこの晩餐会にかける意気込みが伝わります!

料理内容はヒシガニの柚子故障味噌。蟹の甘い風味とピリッとした柚子胡椒の辛さと香りが食欲をそそります。

紫色のきれいなものはアジの昆布じめを2色のキャベツで巻いたもので、春の花のアヤメをイメージしています。

穴子はこれからが旬なのですが、骨から煮出した醤油だれが香ばしく、ふわふわに焼きあがっていました。

ゴマ豆腐で鯨の皮を表現した小鉢は胡麻の香ばしい香り、子持ち昆布は出汁のよくしみたぷちぷち食感を楽しめます。

旬の空豆を甘煮にしたものと、海老は和からしと玉子の黄身で衣をつくりプリプリの触感を残してオーブン焼きにしています。

 


Re_suimono.jpg

次はお吸物です。

椀ダネには鮎並(アイナメ)という魚を使っています。関西ではアブラメとも呼ばれる魚は焼物や揚物にも使われ、和食では重宝されます。今回は抹茶と葛で叩き、湯取りしたものを「すまし」仕立てにしています。鮎並は適度に脂がのって旨みがあり、順菜のとろりとした食感とあいまって、すまし汁ではありますが、濃厚な味わいを楽しめました。

 

 Re_tsukuri.jpg

さて、今回の目玉メニューのお造りです。

今回も貴重な「生」の近代マグロをご用意しました!

口に入れると脂がフワーっととろけ、その旨みが広がります!2種盛のもう一品は夏の旬魚、鱧(はも)です。湯引きにしていますが、こちらもパサつきがなく、弾力があって梅肉ソースをつけるとさっぱりとして、マグロとの味のコントラストが引き立ちます。

このマグロはお客様の目の前で料理長が切り分けて、もっとも美味しいタイミングで提供していただきました!

 

 Re_nimono.jpg

続いての料理は煮物です。

茄子はこれから夏・秋とおいしい季節になります。今回は加茂茄子を使い、じっくりと出汁を吸わせた含め煮をご用意しました。出汁の旨みはもちろんなのですが、茄子本来の甘みがしっかりと引き出されていて、しっかりと煮込んであるのでとろけるようなやさしい味わいです。

また、柔らか煮にしたアワビは適度に弾力があり、煮物のアクセントとして存在感をはなっておりました。

 


Re_yakimono.jpg

 焼物は2種でご用意しました。

和風グリルをイメージした太刀魚の塩焼きと、霜降り和牛の胡麻醤油です。

太刀魚は淡白な白身魚のイメージですが、しっかりと旨みを閉じ込めて焼き上げているので、余計な味付けなしでもとても美味しくいただけます。

一方の和牛のグリルはとても柔らかいお肉で、お箸でも食べられる和風ステーキとなっておりました。

お魚とお肉の両方を一度に楽しめる贅沢な一皿となりました!

 

 

Re_sinogi.jpg

ここで、しのぎとしてお蕎麦をご用意しました。

つくね芋と叩きオクラでネバっとした食感と、おそばのつるつるした食感がたのしめ、夏のひとときの涼を楽しめるようなメニューです。

 

 

Re_agemono.jpg

揚物料理は夏の旬魚の代表、「鮎」です。

鮎といえば塩焼きがオーソドックスですが、今回は小さめの鮎の中骨を除いて唐揚げにしたものをご用意しました。衣は上新粉のみをつかいさっくりと仕上げているのですが、鮎の香ばしい香りと、ちょっと苦味のある味わいが夏の到来を感じさせます。もちろん、あたまから尻尾の先まで美味しくいただきました!

 

 Re_shokuji.jpg

もうすでにここまでで十分におなかいっぱいなのですが、お食事にはお茶漬けです!

これ以上食べられないと思っていても、なぜかお茶漬けはいけてしまいます(笑)

こちらにも鱧(はも)を使い、焼き上げた鱧を甘辛いたまり醤油で「辛煮(からに)」にしたものをご用意しています。出汁で崩しながらいただくと、ちょうどよいマイルドな醤油味になり、さらさらと食べれます。大葉の香りが爽やかでよいアクセントになっていました。

 

 

Re_mizumono.jpg

最後にご用意するデザート。

写真で見て頂くとお分かりですがいかがですか!この涼し気な檸檬羹(れもんゼリー)。檸檬のすっぱさと甘さの絶妙なバランスと、ぷるんとした食感がたまりません。これぞ夏のデザートといったまさに王道の一品です。

添えられているのは国産のマンゴー。こちらもとろけるような甘さです。

あっというまに完食です!

 

いかがでしたでしょうか。

晩餐会は毎回好評で売り切れるイベントなのですが、年に2回程度実施しておりまして、次回は秋に開催を検討しております。また次回は洋食を検討中ですので、是非次回の晩餐会開催の折にも皆様方にご参加いただければと思います。

 

販売課 イベント係でした!

KKRホテル大阪 ビアガーデンOPEN 迫る!

(2016年06月01日)


_MG_5278BLOG.jpg


 昨日は6月13日(月)からのビアガーデンオープンに向けて

スタッフでのお料理、飲物の確認を兼ねてプレビアガーデンを

開催いたしました。これは毎年お客様に提供する前にスタッフで

お客様の満足感を検証するために開催しています。


DPP_0010BLOG.jpg DPP_0047BLOG.jpg

 

今年もお料理を充実、またお飲物も昨年よりも更にバリエーション

アップしてご用意いたします。

_MG_3019BLOG.jpg

_MG_3025BLOG.jpg


是非今年も大阪城の夜景をご覧頂ながら和・洋バイキング料理と

冷たいビール(トルネードビール)をお楽しみください。

_MG_3048BLOG.jpg DPP_0008BLOG.jpg

 

ご予約はこちらから。ホームページから会場空き状況もご覧

いただけます。「今年も夏はKKRのビアガーデン」!!

スタッフ一同ご来館をお待ちいたしております。

                    KKRホテル大阪 広報

このページのトップへ